ミサイル発射はいつまで続く?2017年のXデーは9月の可能性大?

最近は毎日、北朝鮮の動向がニュースになっています。

ミサイルの製造やミサイル発射実験、遂には核実験までしたというから驚きです。

アメリカに向けて宣戦布告をしたり、日本の排他的経済水域にミサイルを落下させたり…

このような北朝鮮の動向に怯える日々は一体いつまで続くのでしょうか?

この件に関しては様々な憶測が飛び交っています。

どれも正しく、そしてまたどれも間違いかもしれません。

私自身もとても気になったので、北朝鮮の今後の動向について色々と調べてみました。

スポンサードリンク

北朝鮮のミサイル発射はいつまで続くのか?

一番多く「Xデー」と言われているのは9月9日の北朝鮮の建国記念日です。

今までの挑発行為は、この日に向けた軍事力の誇示が目的だという見方が一番多いように思います。

今まではずっと昼間だった発射実験を急に夜中に行ったり、「グアム」という具体的な名前を標的として声明を出したり、アメリカが面白いように北朝鮮の一挙手一投足に振り回されてしまっています。

北朝鮮の軍事力は間違いなく向上しているとはいえ、アメリカに向けて発射されたミサイルが予定外に日本に落下する可能性も0ではありません。

個人的に、アメリカの先制攻撃はないと思っています。

「戦争を始めた大統領」という汚名を背負う事になってしまいますし、何より現在の北朝鮮は核を保有しているからです。

もしも先制攻撃をして、その報復として核をアメリカ国内に落とされたりしたら、もうどうする事も出来ません…

アメリカ中が大混乱です。

なので、現時点では北朝鮮に何もできないように圧力をかけるのが精一杯ではないでしょうか。

ゲージの中に閉じ込められ、行動を規制された北朝鮮がそのまま大人しくしていてくれるのか、それとも外に飛び出してしまうのか…

少し考え方を変えて、北朝鮮にとってアメリカよりも近くて米軍基地がある場所。

それは韓国と日本です。

韓国は北朝鮮を完全に敵対視はせず、かといって味方もせず、とても中途半端な距離感を保とうとしているのがよくわかります。

隣国なので、敵に回してしまうと大変なことになってしまいますからね。

となると、残された日本が標的になる可能性は十二分にあると思うのです。

「日本はアメリカに協力してるみたいだし、日本の事あんまり好きじゃないし」

そんな理由でミサイルを発射しないとは言い切れないところもまた恐怖しかありません。

スポンサードリンク

ミサイル攻撃のXデーは9月9日だけではなかった!

先ほど、Xデーは9月9日の可能性が一番高く、その理由も述べてきました。

しかし、9月と言えば、アメリカにとって忘れられないあの事件があったのも9月です。

同時多発テロ。

2001年9月11日、ハイジャックされた旅客機が世界貿易センタービルやペンタゴンに突入し、甚大な被害を受けました。

まさかこの同じ日に北朝鮮が攻撃をするとは思いたくはないですが、これもまた可能性は0ではないと思うのです。

しかし、一般的なテロ攻撃とは違い「人が集まる場所」を狙ったりするとは考え辛いですよね。

現時点での北朝鮮の技術ではそこまでは難しいと思うからです。

もしも9月9日、9月11日に何も起こらなかった場合、残された選択肢は1つです。

無差別。

特に日程や時間を決めず、金正恩総書記の鶴の一声で発射する。

これが一番恐ろしく、最悪の事態を招きかねません。

結果、この日々はいつまで続くのか?

アメリカも北朝鮮も先制攻撃はしない⇒水面下でのにらみ合いが続く…

こんな状態のまま2018年を迎えたくないですよね。

トランプさんが勇気を出して、北朝鮮を訪問。

話し合いをして表面上だけでも和解をする、これが今考えられる一番平和な結末ではないでしょうか?

是非ここは世界平和の為にプライドを捨ててほしいものです…


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする