給食食べ残し!業者名はエンゼルフーズ?そこには大磯町長の癒着が?

給食食べ残し!業者名はエンゼルフーズ?大磯町長の癒着か?

大磯町立中学校で給食の食べ残しが続き、問題になっていますね。

酷い時には、完食した生徒はクラスの中でたった1人という日もあったといいます。

いったい何が起こったというのでしょうか?

給食がおいしくないのでしょうか?

生徒たちがワガママを言っているだけなのでしょうか?

異物混入とは?

今回はこの辺を詳しく調べてみました。

スポンサードリンク

給食食べ残しはなぜ起こってしまったのか?

大磯町立中学校で給食の食べ残しが続き、「残食率」も26%と全国の小中学校の3倍以上高い数値になっているといいます。

では、どうしてこんな事が起こってしまったのでしょうか?

現在、大磯町内の2つの中学校でこの給食が導入されており、町の栄養士がメニュー考案、管理をして製造されているといいます。

当初、生徒から出ていたのは「まずい」「お弁当が冷たい」「味付けが薄い」などの声だったそうです。

正直、ただのワガママのように感じてしまいますよね?

学生の頃は、よくお弁当を作ってもらって持参していましたが、冷たくて当然でしたし、それでも感謝の気持ちを忘れずにおいしく頂いていました。

更に、味付けは各家庭の味付けもあるでしょうし、すべての生徒を満足させるのは不可能だと思います。

と、個人的にもそんなに気にはしていませんでしたし、巷での反応も同じでした。

しかし、状況が一変します。

その給食への異物混入の事実が明らかになったのです。

そういう話になれば、それは味付けがどうとか冷たいからやだとか、そんな話とは全く違う問題ですよね?

今までに毛髪や金属片、虫などの混入が100件以上確認されていると言います。

こういった不信感から食べ残しが増えているのではないでしょうか?

スポンサードリンク

異物混入も確認されている業者名はエンゼルフーズ?

給食制度を開始した2016年1月~2017年7月の間に異物混入が少なくとも96件確認されています。

髪の毛や金属片に始まり、ひどい時にはハエなどが混入していたこともあったといいます。

これは本当にひどい話ですよね。

メニューにはない食材が入っていた事もある、という位だったら正直そこまで大騒ぎする必要はないと思います。

しかし、ハエなどが入っていたとなったら、大問題です。

どうして今まで問題にならなかったのか不思議で仕方ありません。

どうやら今回の給食を提供しているのは「エンゼルフーズ」という給食業者だという事が判明しています。

そして、ここまでひどい状況でありながら契約を打ち切られないのは何故なのでしょう?

当然、一般的に考えればここまで生徒は親御さんたちの期待を裏切り、改善の余地が見られなければ契約は打ち切られます。

しかし、この「エンゼルフーズ」に関しては契約を打ち切られるどころか、今まで異物混入の事実ですら公表されてこなかったのです。

関連記事⇒エンゼルフーズの給食がひどいと評判!大磯町の献立も調べてみた

大磯町の給食業者に癒着疑惑?エンゼルフーズ(綾瀬)以外は大丈夫なのか

つい先日もO-157で甚大な被害がニュースになったばかりですが、今回の給食食べ残し問題もこれ以上の被害者を出さないうちにきちんと解決してほしいですね!

ここまで読んでくださってありがとうございます!


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする