インフルエンザ予防接種料金を安くするには?子供が注射するべき時期

インフルエンザ予防接種料金を安くするには?赤ちゃんや子供が打つべき時期

日に日に気温が下がってきていますね。

気が付いたらもう10月!

2017年もあと3ヵ月になってしまいました。

この時期になると、周りで咳をしている人や体調を崩す人が増え始めます。

特に今年は急に寒くなり始めたので、例年よりも体調を崩す人が多いのかもしれませんね。

体調管理は勿論ですが、まずは予防接種をしましょう!

と思ったら…

今年は去年よりもインフルエンザワクチンの生産量が少ないなんていう話もチラホラと…

関連記事⇒インフルエンザワクチン不足の理由判明!2017年の予防接種情報や症状は?

今回は、インフルエンザの予防接種の料金や、注射を打つべき時期など、皆さんが気になっている事を調べてみました!

スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種の料金は?

まず、インフルエンザ予防接種の料金は地域や病院によって千差万別です。

意外とこの事実は知られていません。

インフルエンザ予防接種の料金は、国民保健が適用されません。

俗にいう「自由診療の自費項目」となるわけです。

つまり、価格は地域や病院などで自由に決められるわけです。

・被接種者が多い⇒利益が多いため単価を下げられる

・被接種者が少ない⇒利益が少ないため単価を上げざるを得ない

単純に考えればこういう事になります。

料金はだいたい平均で¥3000前後ではないかと言われています。

1回受けるのか、2回受けるのか、それによっても値段は変わってきますね。

特に今年はインフルエンザワクチンの生産量が少ないという事もあり、例年よりも高い料金設定をせざるを得ない病院も多いそうです。

値段の違いによって注射の種類が違うとか、そんな事ではないので安心してくださいね!

スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種料金を安くするには?

インフルエンザ予防接種料金を安くする方法はたった1つです。

それはズバリ、情報収集。

・友人や近所の人達の話は口コミ

・病院に問い合わせてみる

・ネット検索を活用する

昔に比べて、今はあらゆる情報が手に入れやすくなっています。

こうした方法で情報収集をすることで、インフルエンザ予防接種料金を安く済ませる事ができます!

今年はわかりませんが、過去にはワクチンを余らせたくないなどの場合に安い値段設定をしている病院などもありました。

総合病院にはできないサービスなどが充実している個人病院などもオススメです。

インフルエンザ予防接種を受ける時期とは?子供は?

インフルエンザが一番流行すると言われている時期は、12月~3月だそうです。

早くても11月からが多いようです。

出は予防接種を受けてから、どの位で効果が出始めるのでしょうか?

2週間です。

予防接種を受けてから抗体ができるまでに2週間程度かかると言われています。

という事は、遅くても10月中には予防接種を受けておかないと11月には間に合いません!

しかも、もうジワジワとインフルエンザは流行し始めているのです…

子どもの場合、1回目を1011月、2回目を11月中に受けることが推奨されています

あとがき

今年は「インフルエンザワクチンの生産量が少ない」とかなり早い時期に発表されていましたね。

その影響ですぐに予約が埋まるかな?なんて思っていましたが、まだまだ余裕で予約が取れます。

こういう言い方はよくないかもしれませんが、限られた本数しかないので早い者勝ちです。

早いうちに予約のお電話を!


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする