台風22号2017たまごの進路予想!進路予想図と最新情報も

台風22号2017たまごの進路予想!進路予想図と最新情報も

台風21号が日本列島を縦断し、大きな爪痕を残していきました。

今年はもうこれで最後の台風だと言われていたはずなのですが…

なんとまさかの台風22号の発生です。

今回は少しでも被害を抑えられるように、少しでも力になれるように、詳細を調べました。

スポンサードリンク

台風22号2017たまごの進路予想!

やっと台風21号が熱帯低気圧にかわり、復旧に向けてみんなで動き出しているというのに、またグアム付近で台風21号のたまごが発生しました。

米軍の発表によりますと、この22号も21号とほぼ同じ動きをする可能性があるという事です。

日本の気象庁などでは「熱帯低気圧a」として、その経過を掲載しています。

この「熱帯低気圧a」=たまごが、そのまま台風になってしまうと22号となり、21号とほぼ同じ動きをする可能性が高いとの事です。

早ければ、明日の夜にも台風22号になる可能性もあるそうです。

スポンサードリンク

台風の時の避難準備、持ち物は?

台風は、想像以上に大きな災害・被害をもたらします。

TVやラジオなどを利用して、できる限り詳細な最新情報を入手する事で被害を軽減できます。

災害への備えをもう一度確認しましょう。

・窓や雨戸はしっかりとカギをかける。(状況に応じて補強も)

・家の周りにある、風で飛ばされそうな物は極力、家の中へ入れておく。

・非常用品の準備(懐中電灯、携帯用ラジオ(乾電池)、救急薬品、衣類、非常用食品、携帯ボンベ式コンロ、貴重品など)

・室内からの安全対策(飛散防止フィルムなどを窓ガラスに貼ったり、万一の飛来物の飛び込みに備えてカーテンやブラインドをおろしておく。)

・水の確保(断水に備えて飲料水を確保するほか、浴槽に水を張るなどして生活用水を確保する。)

<非常持ち出し品例>
・リュックサック

・飲料水、乾パンやクラッカー、レトルト食品、缶詰、粉ミルク、哺乳ビンなど

・救急医薬品、常備薬、マスク、紙おむつ、生理用品

・現金(小銭も)、預金通帳、印鑑、健康保険証、身分証明書など

・下着、タオル、寝袋、雨具、軍手、靴

・ナイフ、缶切、鍋や水筒、懐中電灯、ラジオ、電池、ロープ、マッチやライター、使い捨てのカイロ、ティッシュなど、筆記用具、ごみ袋

・防災頭巾やヘルメット、予備の眼鏡など、地図

個人的に準備しておいた方がいいと思うものは、「自分だけの」暮らしに必要なものです。

例えば耳かき、爪切り、綿棒など、人それぞれ毎日の生活に必要なものがあると思います。

こういった「何気なく毎日使っているもの」がないというだけでかなりのストレスにつながります。

こういった「あって当たり前のもの」も、今のうちに揃えておく必要があるかもしれません。

台風の時の避難場所の確認

・学校や公民館など、避難場所として指定されている場所への避難経路を確認しておく。

・普段から家族で避難場所や連絡方法などを話し合っておく。

・避難するときは、持ち物を最小限にして、両手が使えるようにしておく。

台風22号の最新情報!

現時点で判明していることをまとめます。

・早ければ明日、もしくは明後日にも台風22号になる可能性あり

・台風22号は21号とほぼ同じ進路をたどると予想されている(日本列島縦断)

・21号の時と同じく週末に本州上陸の可能性大

また状況が変わり次第、詳細を更新していきます!


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする