妊娠中のインフルエンザ予防接種いつ受けるべき?最適の時期とは?

妊娠中のインフルエンザ予防接種いつ受けるべき?最適の時期とは?

これからどんどん寒くなっていきますよね!

それと同時に、この時期から一気に流行し始めるのがインフルエンザです。

いつもの風邪かな?

なんて思ってたらインフルエンザだった…なんて事も。

大人や子供がいつ予防接種を受けるべきかはもう以前にも記事にしました。

関連記事⇒インフルエンザ予防接種料金を安くするには?子供が注射するべき時期

では、妊娠中の女性はいつ予防接種を受けるべきなのでしょう?

いつまでだったら受けても平気なのでしょう?

今回はその辺を調べてみました。

スポンサードリンク

妊娠中のインフルエンザ予防接種受けても平気?

「妊娠中は予防接種を受けてはいけない。」

こういう話、よく聞きますよね。

それは嘘です。

もしかしたら昔は本当にそうだったのかもしれません。

しかし、今の時代においては全く問題ないとされています。

それどころか、こんな事実も解明されてきています。

バングラディッシュの臨床試験結果では、妊娠中に予防接種を受ける事で新生児にも高い効果があるという事が発表されています。

国内での調査では、妊婦中の方がインフルエンザ予防接種を受けたことで先天異常の新生児を発症する確率は、自然発生率より高くならないとする報告があります。

生まれたばかりの赤ん坊は、生後6ヶ月までインフルエンザの予防接種を受ける事ができません。

その為、母体がインフルエンザ予防接種で免疫をつけることで、出生後の赤ん坊のインフルエンザを防ぐことにもつながります!

しかし、妊娠初期は注意が必要みたいです。

妊娠しているかどうかわからない、もしかしたらしているかも…

その時期は体内が不安定になっている為、今までは何ともなかった事でアレルギー反応を起こしてしまったり重症になってしまうケースもあるそうです。

くれぐれも注意してください!

スポンサードリンク

妊娠中のインフルエンザ予防接種いつ受けるべき?

基本的にはいつでも問題はないとされています。

臨月でも大丈夫です。

しかし、人間は誰しもホルモンバランスや体調が毎日かわるため、必ずかかりつけの医師に相談・確認するようにして下さいね。

自分の中で「最近は体調があまりよくないな」と思った時は控えて下さい。

いつも通りに過ごせている時は予防接種を受けても問題ないと思います。

妊娠中はどうしても免疫力が低下してしまう為、インフルエンザのような感染症にかかり易くなります。

妊娠中の方は、インフルエンザのピークを迎える前に予防接種を受けることが推奨されています。

妊娠中のインフルエンザ予防接種、最適の時期は?

それはまさに今です。

10~11月頃には予防接種を受けておかないと、本格的に流行する時期には間に合いません。

勿論、12月でも遅いという事はありませんが、早ければ早いにこしたことはありません。

あとがき

今回は、妊婦さんたちが知ってそうで知らない情報をかき集めてみました。

実際に、大事な子供がお腹にいるとなると何をするにも心配ですよね。

でも安心してくださいね。

インフルエンザ予防接種はいつ受けても大丈夫です!

母子ともに健康に元気に冬を乗り越えられるよう、早めに予防接種を受けるようにして下さい!


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする