大田理裟のボルダリングの経歴!美しいと噂のWeb動画とは?

大田理裟のボルダリングの経歴!美しいと噂のWeb動画とは?

クライマーとしての実力もさることながら、その美貌も評判になっている大田理裟選手!

彼女のプロフの紹介はもちろん、彼氏の噂やプライベートについても調べてみました。

スポンサードリンク

大田理裟の出身地や身長、体重などプロフィールを紹介

生年月日:1993年1月27日

出身地:山口県山口市

身長:161cm

体重:44Kg

出身校:新南陽高校卒業、山口県立大学国際文化学科卒業

山口県の出身なんですね!

卒業した山口県立大学は、スポーツクライミングの強豪校なんだそうですよ。

そして、大田理裟さんがクライミングを始めたきっかけはお父さんだったそうです。

お父さんは高校の山岳部の顧問をしていました。

また高校の顧問だけででなく国体山岳競技の監督も務めていたんだそうです。

そんなお父さんの影響がありクライミングに興味を持ち始めました。

クライミングを始めたのは中学2年生の時だったようです。

他のクライマーと比べると始めた年齢は遅めだったようです。

しかし、早いうちからしていたからといって絶対に実力がつくわけではありません。

実際に、大田理裟さんは始めてわずか1ヵ月で県が主催するクライミングの大会に出場するまでになっています!

めきめきとクライマーとして成長していった証拠でしょう。

お父さんは自宅で練習できるようにと、簡易式な練習場を作ってくれました。

その練習場で毎日のように練習していったのです。

やはりアスリートになるためには親のサポートが必要となるということが分かりますね。

もちろん本人の努力があってこそではありますが…。

因みに、卒業した山口県立大学は、スポーツクライミングの強豪校なんだそうです!

スポンサードリンク

大田理裟の彼氏の噂を検証!インスタからもチェック

大田理裟さんはインスタグラムやツイッターなどSNSをよく更新しています。

かっこよくクライミングしている姿や、

年相応の女の子のようなかわいらしい姿も見ることができますよね。

スタイルいいですよね!

足が長く筋肉はありますがそんなに筋肉質でもなくちょうどよい感じがします。

クライマーとして活躍しており、またかわいらしい女の子である大田理裟さん。

これは世の男性は放っておかないのではないでしょうか?

ちなみに現在彼氏はいないようです。

大学時代に彼氏の1人や2人居たんじゃないの?と思っている方もいるかもしれません。

実は大学時代にはずっとボルダリングに打ち込んでいたそうです。

それには理由があって、お父さんから大学に行ってボルダリングで成果を出すことができなければ一般企業に就職しクライマーとしての道を諦めなさいと言われていたんだそうです。

そのため無我夢中に取り組んでいたんだとか。

そりゃあ彼氏を作っている暇はないですね。

その甲斐あって、今こうしてクライマーとして活躍できているわけですから、頑張ってよかったですよね!

こんなにかわいいので、世のアスリートの男性たちが狙っているかもしれませんね!

インスタグラムの写真を見るとどれもアイドルみたいにかわいいですよね。

アスリートはアスリート同士で付き合ったり結婚したりが多いので、大田理裟さんも今後はその可能性が高いかも!

大田理裟の筋肉が凄い!美しいと噂のWeb動画も

身長161cmで体重が44Kgという大田理裟さん。

クライマーは筋肉がむきむきな人が多いです。

普通筋肉がつくと体重って重くなりますよね?

しかし、クライミングは体が重いと不利になるんだそうです。

確かに言われてみれば、軽い方がすいすいと登っていくことができますよね。

そのため大田理裟さんは筋肉がつかないように筋トレは行っていないんだとか。

えっ!?筋トレをしないアスリートなんているの?と思いませんか?

びっくりですよね!

といっても筋トレをしないだけでクライミングはしています。

筋トレをしなくても登れるんだなーって感じですよね。

また握力は27Kgしかないんだそうです。

クライマーって圧力すごそうなのに…。

意外ですよね。

そして話題の動画というのがこちらです。

これは確かに美しいですね。

そして何よりとてもさわやかです。

とても大変なことをしているはずなのに、絶えず笑顔を見せてくれる大田さんに癒される男性続出間違いなしですね!

あとがき

最近は「炎の体育会TV」や「踊る!さんま御殿!」などTVの出演が増えている大田さんですが、これをきっかけにもっともっとボルダリングが有名になってくれることを願っているそうです。

自分がTVに出て有名になる事で、競技の知名度アップを願うなんて素晴らしいですよね。

もっともっとクライミング、ボルダリングの世間の認知度があがっていくといいですよね!


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする